癌に転移の時間を与えないために|メディカルチェックが命を守る術

医者

聴力低下が最初のサイン

看護師

聴神経は聴覚の伝達を行なう重要な神経です。聴神経の周りには、神経を取り囲むようにシュワン細胞が存在しているのですが、この細胞から腫瘍が発生してしまうことがあります。この病気は「聴神経腫瘍」と呼ばれ、脳腫瘍の中の約10%という数字を占めています。めまいを引き起こす前庭神経からの腫瘍発生率が最も高いのですが、聴神経にも強い障害を及ぼしてしまうため聴神経腫瘍という名前で呼ばれています。聴神経が障害を起こしてしまうと、聴覚自体にも影響が出てしまいます。そのため、聴神経腫瘍になると、前庭神経の障害によってめまいを、聴神経の障害によって難聴を引き起こしてしまうのです。聴神経腫瘍の原因は未だ解明されてはいません。しかし、特殊な例に限り、遺伝性が認められたと発表されています。

聴神経腫瘍になると、初期症状では耳鳴りや難聴が引き起こされます。難聴自体は進行も遅い傾向にあるため、患者の多くが悪化するまで気付かないことがあります。しかし、症状の進行には個人差が見られることもあり、短期間で悪化してしまう人もいれば数年経過しても症状に変化が無いという人もいます。難聴は急速に悪化してしまうと、突然聞こえが悪くなってしまうことがあります。この症状は「突発性難聴」にも見られるため、しっかりと見分けて判断することが大切と言えるでしょう。神経障害が進むと、顔面麻痺や顔面痙攣などが起こることもあるため、早期に治療を開始する必要があります。聴力検査や聴性脳幹反応を行ない、聴神経に異常があるかどうかを調べると共に、平衡機能検査を行なうことで前庭神経の障害も合わせて調べていきます。聴神経腫瘍の疑いが強まった場合、MRI検査によって脳神経全体の状態を確認していきます。聴神経腫瘍は良性腫瘍のため、腫瘍の大きさによっては経過観察で済ませることもあります。しかし、取り除く必要があると判断された場合には手術や放射線療法によって治療を行なっていきます。耳鼻咽喉科や脳外科などの専門医と相談して、治療の選択を行なうことが大切です。