癌に転移の時間を与えないために|メディカルチェックが命を守る術

医者

聴力低下が最初のサイン

看護師

聴神経の周りにある細胞が腫瘍になってしまうことがあり、これを聴神経腫瘍と呼びます。成長スピードは遅いのですが、聴神経を圧迫して続けることで難聴やめまいなどを引き起こします。

Read More...

脂肪を消化する重要な器官

看護師

胆のうは脂肪を消化するために必要な胆汁を保管している袋状の臓器です。胆のうがんは胆のうそのものだけでなく、肝臓や十二指腸に繋がっている胆のう管にも発生してしまいます。

Read More...

男性だけに起こる病気

医者

前立腺がんは男性特有のがんです。進行が遅く、初期の段階では自覚症状がないこともあり、転移した場所からの症状で発覚することも少なくありません。定期健診を行ない、がんの可能性を見落とさないようにしましょう。

Read More...

転移によって広がる病

医者

病気はいつ身体を蝕むか分かりません。日常生活をおくる上で必要となる器官は多く、それらが阻害されてしまうと生活を営む自由さえ時には奪われてしまいます。国内は勿論、世界中で病気と闘っている人は多く、聴神経腫瘍を始めとする脳腫瘍や、胆のうがんや前立腺がんのような自覚症状がほとんど無い癌によって命を削られてしまう人が多い傾向にあります。食生活や生活習慣も関係しているとされているこれらの病気は、誰にでも発生してしまう可能性があると言えるのです。特に近年では癌によって闘病生活を余儀なくされている人が多くなっており、性別や年齢に関係なく患者は増加傾向にあります。癌は元々人間が持つ遺伝子細胞が癌化してしまうことで引き起こされます。しかし、身体には遺伝子細胞が癌化してしまった際に対処する働きが備わっています。このバランスによって身体は維持できていると言っても良いでしょう。免疫機能が正常に働いていることで、癌細胞が発生してもそれが増殖してしまうのを防げているのです。

身体の持つ防御機能は加齢や喫煙、飲酒や精神的な負荷など、様々なことが要因となって低下してしまいます。そうなってしまうと癌細胞の増殖を止めることができずに臓器を破壊し始め、血液やリンパ液によって身体の至るところに転移を始めます。癌細胞は増殖すると共に正常な細胞を攻撃しますし、身体の維持に必要な栄養素を吸収して更に成長してしまうため、早期発見がとても重要視されているのです。手術を始め、治療法はいくつかありますが、近年では副作用を軽減したり、身体の免疫機能を向上させて治療を進める働きが行なわれています。一度完治しても再発の危険性が残されてしまうからこそ、生活習慣を改善したり、免疫機能を根本から正していくことが大切と考えられています。癌が発生してしまうと長い付き合いとなります。そのため、いかにポジティブに心を保たせるかが大切と言えるでしょう。家族や友人、パートナーの支えが治療には必要となるのです。